感情を高める方法!これが一番大事なこと!間違いない!

感情を高める エモーション
スポンサーリンク

感情を高める理由

感情を高める理由は、やる気を出すためです。

どれだけわくわくしたかによって、感情の高まり方も変わります。

感情が高まれば高まるほど、やる気意識も高まります。

やる気を出したい時は、できるだけわくわくすることです。

感情が高まらない理由

感情が高まらない理由は、不安だからです。

不安になると、やる気は出ません。

一度不安になると、やる気は出ないので、払拭してあげる必要があります。

不安を払拭することで、冷静になることができます。

わくわくすることによって、感情を高めることができる状態になります。

感情を高める方法

感情を高める方法は、寝る前にワクワクしてから寝ることです。

その理由は、目覚めた時に昨日のわくわくを、思い出すことができるからです。

朝からいきなり、わくわくすることができるので、すぐに何かをやりたい状態になることができるんです。

寝る前の30分の瞑想と感謝!

寝起きの30分の瞑想と感謝!(今日やること30分でもいい)

今日は、あれをやってこれをやってと、わくわくできればそれでいいんです。

ともかく、感情を最大限に高めること!

これが一番大事なことです。

自分への戒めのつもりで、記事をアップしています。

感情を高める意識が疎かになるとやる気が萎んでくる

感情を高める意識が疎かになると、段々とやる気が萎んでくるんです。

その理由は、やる気は感情の高ぶりだからです。

毎日意識ができればいいのですが、いつの間にか疎かになっているんです。

忘れてしまうから、感情を高ぶらせることに注力がいかなくなってしまいます。

でも、これが本当に最大の重要事項なんですよ!

朝はともかく一発で目を覚まさなくてはダメ

朝はともかく、一発で目を覚まさなくてはダメなんです。

起きた瞬間から、やる気を最大限に発揮します。

そうすれば、一発で目を覚ますようになりますよね。

目が覚めていない状態では、まだ不安の状態のまんまです。

そんな状態では、何もやる気は起きません。

小学校の時目が覚めていない時、人と話すのが億劫だった

そういえば、小学校の時を思い出しました。

面白い事って、眠いと言えないんですよ。

まだ目が覚めていない状態の時って、人と話すのがものすごく億劫になるんです。

目が覚めていない時、ちょっかいなんか出されると、怒りがこみあげてきたりもしました。

それが、徐々に目覚めてくると、急にみんなを笑わせたいと気分がルンルンするんです。

その時に、何かおもしろいことが思い浮かぶと、早速友人に話したくなるんです。

勿論、結果は大爆笑です!^^(思い切り自慢話ですが、この手の自慢話はいいですよね!?)

私は、この時、人を笑わせることに全力を注いでいたので、そんじょそこらの笑いではないですよ!

小学生レベルですが!^^

その時の私は、最高にわくわくしていたんですよ!^^

やっぱり、何かに一生懸命になれるのは、ワクワク感なんですよね。

やる気は感情の高ぶり

やる気は、感情の高ぶりです。

高ぶれば高ぶるほど、やる気がみなぎります。

松岡修造バリに熱中できれば最高です!

自分の中でだけ、松岡修造バリに熱中をして、人にはそのことがバレなきゃいいんです。

ともかく、それほど物事に熱中することが大事なんです。

そういう意味では、私にとって松岡修造さんは、心の底から尊敬に値する人物です。

それほど、物事に執着することって、むずかしいんだと思います。

でも、数か月前までは、そんな感じでやっていたんですけどね。

関連リンクおすすめ

面倒な人を相手にしないコツ!流すことができないことを流す

コメント

タイトルとURLをコピーしました