ライバルに売り上げで負けているとショック!やる気が出ない理由

ライバル やる気 出ないモチベーション

このページでは、何かに挑戦している方に向けて

ライバルは必要な存在か?ということに関して

解説をします。

 

私がブログアフィリエイトに挑戦している最中に

感じたことを発信しています。

スポンサーリンク

ライバル!やる気が出ない理由

ライバルに負けていると、やる気が出ません。

競争相手。対抗者。好敵手。「よきライバル」「ライバル会社」「ライバル意識」

参考:goo辞書「ライバル の意味 」

情報交換をしあっているライバルなら

刺激し合ってお互いを高めることができますが

それ以外はいらないですよね。

ライバルに負けているとやる気が出ない理由

ライバルに負けていると、やる気が出ません。

 

その理由は、嫉妬をするからです。

 

ツイッターでも、いくらいくらの成果が発生したとか

言っているじゃないですか!

 

あれはあれでその人が言いたいのだから仕方がないのですが

成果があまり発生していない人の立場からしてみれば

あまりいい気持ちはするものではありませんよね。

 

負け惜しみに聞こえますが、本当のことなので

仕方がありません。

ライバルに負けているとやる気が出ないのでいらない

それなら、そんなライバルなんて必要ないじゃないですか!

と思うのですが、それはそれで寂しいものです。

 

ひとりぼっちで真っ暗なトンネルをひたすら突き進むのも

かなりの勇気がいるものです。

 

できれば、その人の成果報告も聞きたくはないところですが

その辺は、あの人はあの人と割り切って気にしないように

していけばいい話だと思います。

刺激し合えるライバルなら別

自分もそこそこ売り上げが発生してて、お互いに

刺激し合える仲なら話は別です。

 

そういうライバルとなら、お互いに高め合うことが

できるので、とても貴重な存在です。

 

ライバルというのは、勝手に自分が決めてライバルと

思っているだけなので、特に定義はありません。

 

自分が意識した段階でライバルです。

 

そういう意味では、ツイッターがライバルを見つける

のに適していますよね。

 

同じことに挑戦している人たちがうようよいます。

 

私もそのご相伴にあずかっています。

 

例え、自分がそこそこいい線いくようになっても

まだ発生していない人もいるので、下手に他の人を

刺激するのはやめようと思います。

 

まだ、ほとんど売り上げは発生していませんが!^^

情報交換できるライバルは仲間

情報交換できるライバルは、仲間です。

 

私的には、私と同じようなことを検証している

人は少ないと思うので、中々情報交換という

わけにはいきません。

 

それに、自分でまだこれだという成果を上げて

いないので、自分が発信する元ネタがありません。

 

だから、情報交換する機会も今のところありません。

 

でも、人の売り上げ報告には、刺激されてしまいます。

 

ライバルという存在は、自分が負けている時は

やる気が出ないガチですが、せっている時は

お互いにいい刺激を与えあえるいい関係になります。

 

その反面、自分が勝っている時は、調子に乗りガチ

なので、気をつけようと思います。

ライバルの存在は必要不可欠

ライバルの頑張りは、何かにつけて刺激をもらえるので

絶対に必要な存在です。

 

一人ぼっちでひたすら挑戦を試みても、まずうまくは

いかないと思います。

 

売り上げ以外にもたくさん吸収できることがあるので

絶対に必要な存在です。

 

但し、売り上げで負けていると焦るので、

やる気が出なくなってしまうだけです。

 

だから、その時だけは気にしないようにして

末永く付き合っていければいいと思います。

ツイッターを始めた当初はたくさんの成功者をフォローして自信喪失

以前、ツイッターを始めた時に、たくさんの

成功者の人たちをフォローして、完全に自信

喪失につながったことがあります。

 

ひとつもライバルでは無いし、成功者の人達

だから、いちいち売り上げなんかも言いませんが

きっと物凄く稼いでいるんだろうと容易に想像

することができたので、思い切り自信喪失に

つながりました。

 

たくさんの成功者の人たちをフォローしまくるのも

考え物ですね。

 

その時は、何か新たな情報が手に入ればいいという

位置づけでフォローさせていただきました。

関連リンクおすすめ

ツイッターを辞めたらわくわくできなくなった!やる気が出ない理由

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました