ライバルにやる気を出す!ライバルに先を越されるとやる気が無くなる!

ライバルにやる気を出すモチベーション

ライバルに差をつけられた時に、追い越してやると頑張ることができれば最高ですよね!

ライバルは必要不可欠な存在なので、前向きにライバルにやる気を出す方法を解説します。

意識し過ぎると、自分の作業に集中できません。

持ちつ持たれつ、いい関係が気づき上げられれば最高です!

 

スポンサーリンク

ライバルとは

ライバル(rival)は、同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手の意味。好敵手(こうてきしゅ)、宿敵(しゅくてき)

参考:ウィキペディア「ライバル」

ライバルにやる気を出す方法

ライバルにやる気を出す方法は、ライバルを意識しないようになることです。

その理由は、ライバルを意識しているうちは、自分の作業に集中することができないからです。

以下に具体的に解説します。

 

ライバルに先を越されるとやる気が無くなる理由

ライバルに先を越されると、やる気が出なくなります。

その理由は、ライバルに嫉妬をするからです。

嫉妬とは、ネガティブな感情なので、やる気は出なくなります。

人は人、自分は自分と割り切る

嫉妬して、やる気が出なくなるなら、ライバルは意識をしないことです。

人は人、自分は自分と割り切ることが必要です。

勝手にライバルだと意識をしてしまう

ところが、人は人、自分は自分と割り切るには、ある程度の精神力がなければできません。

 

 

そうすることで、不安感が払しょくされて、やる気を取り戻すことができます。

やる気さえ取り戻すことができたら、ライバルよりも抜きに出て、やるという行動を起こすことが可能となります。

以下に具体例を解説します。

  • ライバルは意識をすると不安になる
  • 負けているとやる気が出ないライバル
  • ライバルなんかいらない
  • 刺激し合えるライバルなら別
  • 情報交換できるライバルは仲間
  • ライバルにやる気を出す
  • ツイッターでたくさんの成功者をフォローして自信喪失

ライバルは意識をすると不安になる

人のことを気にすると、不安になります。

その理由は、何かに付けてその人の情報が知りたくなるからです。

そして、自分の方がライバルに負けていたりすると、益々不安が大きくなってきます。

例え、自分の方がリードしていても、いつ抜かれるのではないかとヒヤヒヤもんです。

結局、ライバルを意識すると、勝っても負けていても気になってしまうので、不安になります。

情報交換をしあっているライバルなら刺激し合ってお互いを高めることができますが、それ以外はいらないですよね。

負けているとやる気が出ないライバル

ライバルに負けていると、やる気が出ません。

その理由は、嫉妬をするからです。

ツイッターでも、いくらいくらの成果が発生したとか言っているじゃないですか!

あれはあれで、その人が言いたいのだから仕方がないのですが、成果があまり発生していない人の立場からしてみれば、あまりいい気持ちはするものではありませんよね。

負け惜しみに聞こえますが、本当のことなので、仕方がありません。

ライバルなんかいらない

それなら、そんなライバルなんて必要ないじゃないですか!

と思うのですが、それはそれで無理があります。

ライバルというのは、自分が勝手に意識をしてしまうものだからです。

ひとりぼっちで真っ暗なトンネルをひたすら突き進むのもかなりの勇気がいるものです。

できれば、その人の成果報告も聞きたくはないところですが、その辺はあの人はあの人と割り切って、気にしないようにしていけばいい話だと思います。

刺激し合えるライバルなら別

自分もそこそこ売り上げが発生してて、お互いに刺激し合える仲なら相乗効果が期待できます。

そういうライバルとなら、お互いに高め合うことができるので、とても貴重な存在です。

自分が意識した段階でライバルです。

そういう意味では、ツイッターがライバルを見つけるのに適していますよね。

同じことに挑戦している人たちがうようよいます。

私もそのご相伴にあずかっています。

例え、自分がそこそこいい線いくようになっても、まだ発生していない人もいるので、下手に他の人を刺激するのはやめようと思います。

まだ、ほとんど売り上げは発生していませんが!^^

情報交換できるライバルは仲間

情報交換できるライバルは、仲間です。

私的には、私と同じようなことを検証している人は少ないと思うので、中々情報交換というわけにはいきません。

それに、自分でまだこれだという成果を上げていないので、自分が発信する元ネタがありません。

だから、情報交換する機会も今のところありません。

でも、人の売り上げ報告には、刺激されてしまいます。

ライバルという存在は、自分が負けている時はやる気が出ないガチですが、競っている時は、お互いにいい刺激を与えあえるいい関係になります。

その反面、自分が勝っている時は、調子に乗りガチなので、気をつけようと思います。

ライバルにやる気を出す

ライバルの頑張りは、何かにつけて刺激をもらえるので、絶対に必要な存在です。

一人ぼっちでひたすら挑戦を試みても、まずうまくはいかないと思います。

売り上げ以外にもたくさん吸収できることがあるので、絶対に必要な存在です。

但し、売り上げで負けていると焦るので、やる気が出なくなってしまうだけです。

自分は自分、人は人と割り切って、自分のやる気を復活させます。

馴れれば、意外に簡単に意識しないようにできますよ!

私ができているので、簡単なことですよ!

それには、自分が底辺だと自覚することができれば、やりやすいですよ!

その時だけは気にしないようにして、ライバルにやる気を出すといいと思います。

ツイッターでたくさんの成功者をフォローして自信喪失

以前、ツイッターを始めた時に、たくさんの成功者をフォローして、自信喪失したことがあります。

未だ成功していない自分は、成功者に対して、既に負けている意識を抱いたからです。

私からすると、成功者の人たちはライバルでもなんでもありません。

しかし、自分が勝手にライバル意識を抱いてしまったので、どうしようもありません。

この時の私は、「人は人、自分は自分と割り切る」ことができなかったので、このようなことになってしまいました。

幾ら、たくさんの有力情報が手に入るのではないか?って思ってみても、「人は人、自分は自分と割り切る」ことができなかったら、フォローしない方がマシです。

それによって、自信喪失に繋がると、元も子もないですからー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました