魚釣場 江東区|東京都内で釣りができる公園・ヘラブナ・コイ

魚釣場|東京都内で釣りができる公園 東京都内で釣りができる公園

以前、近所に行った序でに「魚釣場」という公園に

下見に行ったことがありました。

 

スポンサーリンク

魚釣場 江東区

「魚釣場」という公園は、「豊住魚釣場」と「砂町魚釣場」の

2か所あります。

 

「魚釣場」の詳細情報は、江東区「魚釣場」にすべて記載

されています。

 

ヘラブナやコイが釣れるということなので、おそらく

クチボソやマブナなんかもいると思います。

 

竿は、一人一本で「豊住魚釣場」が3.9mまで

「砂町魚釣場」が5.4mまでということなので

「砂町魚釣場」の方が広いようですね。

 

私たちが下見に行った時は、既に両方とも閉まっていたので

釣りをしている様子は見ることができませんでした。

 

いずれも、四角い釣り堀のような感じなので、無料で釣りが

楽しめる釣り堀のようなイメージを持ちました。

 

無料なので、これから釣りを始めてみようかという方には

おすすめだと思いますよ。

 

コイ釣り

私だったら、1mの竿で仕掛けを2mくらいまで取って

エサはスイミーをギリチョンで落ちない程度にまで

水を含めてコイを狙います。

 

私は、短竿でコイを釣るのが好きなんですよ。

それで、ヘチを狙います。

 

コイ釣りは、ベタ底(両方のエサが底に落ちている状態)

のタナが鉄則です。

 

釣り初心者の方は、エサが溶けて落ちてしまうのでは

ないか?と思いガチですが、エサは底に溶けて落ちている

状態になるので、落ちる心配は無用です。

 

柔らかければ柔らかいほど溶けやすいので、いいんです。

 

溶けたエサがコイの鼻を刺激して、においに連られて寄って

きます。

 

底にヘドロが蓄積されているような場所では、アワヅケが

起きるので、コイが寄ってきたことが確認できます。

 

たくさん寄って来ると、周りが泡で物凄いことになるので

ワクワクが止まらなくなります。

 

そうなったら、後はウキの消し込みを待つだけです。

 

エサは、コイ釣りに関してはスイミーに勝るエサは無いと

思っています。

 

釣り堀発見ブログ ツリボリスト!さんの

豊住魚釣場(江東区)区営釣り堀はどうだの巻」ページでは

「ちょっと水面との距離がかなりある」ということなので

1mの竿では釣りづらそうですね。

 

1.8mくらいの長さの方がいいかもしれませんね。

 

50cmくらいのコイがかかったら、きびしいですが

40cmくらいのコイならば、へら竿でも十分に

釣り上げることができると思います。

 

でも、メインはヘラブナのような感じですね。

 

ちなみにハリは、スレバリ(返しが付いていないもの)

が基本です。

 

返しが付いていると、ハリを外す時、魚が傷んでしまうため。

ヘラブナ釣り

私が「魚釣場」でヘラブナ釣りをやるとしたら

恐らく2.7mくらいの竿でやりたいと思います。

 

実際に釣りをしたわけではないので、なんとも言えませんが

長くても3.6mあれば、どちらの釣り場でも大丈夫

だと思います。

 

竿は、短ければ短いほど、ウキが見やすくなるので

慣れないうちはあまり長くない方がいいと思います。

 

また、竿を手に持った時、当然短い方が軽いので

釣りがしやすくなります。

 

エサは、おすすめがわからないですが、私だったら

おふ系のサナギが配合されているようなネリエサの

両ダンゴでやると思います。

 

個人的な感想ですが、私はマッシュ系があまり好きでは

ありません。

 

でも、場所によっては魚の好みがあるので、できれば

近所の釣り道具屋さんで情報を収集した方がいいと思います。

 

勿論、ヘラブナ釣りもスレバリは基本中の基本です。

「豊住魚釣場」~「砂町魚釣場」を歩きました

「砂町魚釣場」から「豊住魚釣場」まで歩いたのですが、

両方の釣り場の間は遊歩道になっており、遊歩道沿いには

川が流れていました。

 

その川では、ハゼ釣りを楽しんでいる方を何名か見かけました。

 

かなり大きな細長い公園と記憶していますが、その時撮った

全体図がどっかいっちゃったので、ちょっとイメージは

説明できません。

 

水辺遍路「砂町魚釣場(東京都江東)」さんのページに

「仙台堀河公園」の看板の画像が載っていたので、

私が撮ったのもこれと同じものだったような気がします。

 

「砂町魚釣場」と「豊住魚釣場」は、恐らくですが

「区民の森『仙台堀河公園』」と「区民の水辺『横十間川親水公園』」

に含まれているような感じです。

 

詳しいことは、分かりませんが、本当に細長い状態で端と端に

「砂町魚釣場」と「豊住魚釣場」が存在しているイメージです。

 

水辺遍路さんの画像を改めて確認すると、タナの指定も

あるようです。

 

1mを目安ということなので、やっぱり水深は1mくらい

あるみたいです。

 

新ベラ放流という看板も確認することができるので、かなり

この釣り場は良心的な釣り場だと思います。

 

私は、東京都内のたくさんの釣り公園を見てきましたが

恐らく「魚釣場」が無料でできる釣り場の中では一番

行きたいと思った釣り場です。

 

改めて、こうやって水辺遍路さんの画像を見ると

「魚釣場」は、益々行きたくなる釣り場です。

 

東京都内にこのような良心的な釣り場があるとは

今まで何で気が付かなかったんだろうと思いました。

豊住魚釣場

「豊住魚釣場」は、東京メトロ東西線の「東陽町駅」から

徒歩で10分のところにあります。

砂町魚釣場

「砂町魚釣場」は、東京メトロ東西線の「南砂町駅」から

徒歩で15分。

最寄りの釣り道具屋さん

最寄りには、「上州屋東陽町店」さんがあるようですね。

「上州屋東陽町店」は、「豊住魚釣場」の直ぐそばにあるようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました