ワードプレスブログで記事の書き方について

ワードプレスブログで記事の書き方についてblog

記事の大量修正がわくわく感のおかげで自らやりたいと

思えるようになりました。

グーグル先生に評価をしてもらうのはそれからです。^^

スポンサーリンク

ワードプレスブログの記事の書き方!

ワードプレスブログで記事の書き方について、

みなさんはどのようにして書いていますか?

 

別にワードプレスに限ったことではないのですが、

なぜワードプレスに限定しているかというと、

ワードプレスのようにコンテンツにh2~h6の

小見出しが打てるようなブログと言う意味で

このように書いています。

ブログタイトルについて

私は、ブログタイトルを決めてから記事を

書いています。

 

そんなことは、当たり前のように思うのですが

中には文章を書いてから、何について書いたのか?

 

後からタイトルを決める人もいると思います。

 

しかし、私はブログでビジネスをやっているので

何でも書けばいいというわけにはいきません。

 

あらかじめ、決められた範疇で書く必要が

あります。

 

だから、最初にタイトルを決める必要があるんです。

コンテンツについて

タイトルを決めたら、次はコンテンツです。

 

1つの記事は2,000文字を意識して

それ以上になるように書いています。

 

書き方は、本来最初に構造を決めてから書いた方が

いいと思います。

 

でも、私はタイトルを決めたら、日記の感覚で

一気に書き上げてしまいます。

 

その方が、頭に思い浮かべている内容をそのまま

書くことができるので、より今の気持ちが伝わり

安いと思っているからです。

 

そんな形で書き上げ終わったら、後から気が向いたら

小見出しを入れるようにしています。

 

そんな形で書いていると、どうしてもカニバリの発生が

多くなってくるのではないかと思います。

 

だって、以前書いた記事の内容なんか、覚えていない

じゃないですか。

 

だから、ついつい1度書いた内容を2度も3度も書き込んで

しまうんですよ。

 

でも、それではいけないと思って、最近ようやく「XMIND」

で、全体の構成図を作り始めたところです。

ブログの記事は一遍に完成させる必要は無い!?

それで、思ったのですが、ブログの記事を書く時に、何も

一遍に1ページを完成させなくてもいいのではないか?

ということをです。

 

なぜ、私がタイトルは28文字以上、コンテンツは2,200文字

以上にこだわっているかというと、「Yoast SEO」先生が

そのように言っているからなんですよ。

 

タイトルについては、昔からそういうことを言っているので

恐らくそうなんでしょう。

 

そのことについては、多くの人も言っているので、信じて

疑ったことはありません。

 

でも、自分の考えでは、別に短くても大した問題ではない

と思っています。

 

恐らくですが、折角30文字前後SEOに有利に使えるところを

有効利用しないともったいない的なレベルのお話ではないかと

思っています。

 

また、2,200文字という根拠はよくわかりません。

 

恐らく普通の人の平均よりも多く書け的な発想から

そのようなことを言っているのではないかと思います。

 

ですが、よく考えたら、何も一遍に記事を完成しなくても

いいのではないか?という気がしてきました。

記事は一遍に書かなくてもいい?

ブログ記事って、一遍に書かなくてもいいと思いませんか?

 

一遍に書こうとすると、記事の内容が思いつかない時でも

無理矢理何かを書こうと思いガチになると思います。

 

そうなると、カニバリが発生する確率が高くなると

思うんですよ。

 

カニバリだって、タイトルだけが対象なのか?

 

それとも、コンテンツの方まで見ているのか?

 

これも、イマイチよくわからないところなんです。

 

でも、恐らく現象からしてみて、コンテンツの中まで

見ているような気がします。

 

しかし、確信したわけではありません。

 

ですが、そのようなカニバリを発生させないためにも

書く内容は少しずつ書けばいいと思っています。

 

例えば、今日思いついたコンテンツの内容が、

例えば500文字しか書けなければ、500文字で公開

すればいいと思います。

 

その内容のタイトルが10文字で表現できる内容なら

10文字でその日は完成させて、取りあえず公開に

踏み切ればいいじゃないですか。

 

勿論、内容的にも500文字程度では他のライバルと

比較をしても、評価をされるわけはないと思います。

 

ですが、次の日にまた500文字の内容を追加していき

続きを書いていけば、やがてそのボリュームは2,200文字

を越える時が来るでしょう。

 

その時初めてライバルよりも勝っているコンテンツを

書くことにより、抜きに出れるコンテンツになってくる

のではないかと思います。

現在はコンテンツを書くことを最優先

私は、現在、このブログを日記形式で、小見出しのことも

ロクに考えず、ただ自分がすらすらと書けることを第一に

考えて、ブログをできるだけ毎日更新しています。

 

私が、このブログでやっていることは、わくわく感でやる気

を出すことの検証です。

 

同時に感謝や、共感、瞑想のお勉強をやっています。

 

それらの影響で、自分自身も成長して来るんですよ。

 

このブログにも愛着が湧いてきて、もっともっといいものに

仕上げていきたいという気持ちが高鳴ってくるんです。

 

それと同時にワクワク感も高まってきています。

 

ということは、どちらにしても自らが今までの文章を

すべて見直して、より分かりやすくまとめて行きたいと

気持ちが現れ始めるんです。

 

以前と何が違うかというと、以前の気持ちは

「グーグル先生の評価があまり良くないので、

もっと良いものにするためにリライト処理を

しなければならない!」と言ったものでした。

 

ところが、最近思うことは「やる気を出すきっかけは

わくわく感」ということに対してのデータ収集が集まって

来たから、さらにわかりやすくもっと良いものに仕上げたい

と自ら思っていることです。

 

そのように考えると、本当に気分がわくわくしてきて

やりたくなってくるんですよ。

 

ということは、この処理が完了して初めてグーグル先生

に評価がされるものが出来上がるのではないか?と

思いました。

 

しかも、以前までは目の前の多量修正の困難に気が動転

していましたが、今では自ら率先してその作業をやりたい

と思えるようになりました。

 

これも一重にワクワク感のお陰です。

 

ということは、今はまだ完成形ではないので、評価を

されなくても仕方がない。

 

その後、もっといいものにまとめ上げてから、評価を

されればいいのではないか!と思えるようになりました。

 

グーグル先生には暗黙のうちに、いつの間にかそのように

誘導されているのではないか?と言う気がしてなりません。

 

このことだけではありません。

 

今までの数々の事実は、グーグル先生にうまいこと誘導

されていると思います。

 

改めて、グーグル先生の凄さを感じます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました