コロナアルコール濃度何パーセント厚労省?度数の高い酒が爆売れ

コロナアルコール濃度何パーセント厚労省 コロナウィルス

街のドラッグストアでは、全くアルコール類は姿を消しましたね。

 

その代わりにネットでは、度数の高い酒が爆売れしているようです。

スポンサーリンク

コロナの影響でアルコール度数の高い酒が爆売れ

どのようなアルコール度数のお酒が売れているかというと

アルコール濃度が70%以上のものが売れているようです。

 

アルコール濃度70パーセント以上のお酒

アルコール濃度70パーセント以上のお酒

 

圧倒的にウォッカが多いみたいです。

 

なぜ、アルコール度数が70パーセント以上かというと

厚労省が「エタノール濃度が原則70~83%の範囲内であること」

ということからきています。

参考:「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について

 

しかしながら、その肝心なエタノールが現在はどこの薬局にも

皆無であり、全くと言って手に入れる事ができません。

 

外に出れば、必ずと言っていいほど、コロナのリスクに

晒されるというのに。

 

エタノールが手に入らない人は、手の消毒をいったいどうすれば

いいというのでしょうか?

 

ということで、多くの人はネットで度数の高い酒を購入している

みたいです。

 

それが、度数の高い酒が爆売れしている原因です。

 

手に入らない人だって、外に出てスーパーで買い物をしなければ

ならない時だってありますよね。

 

スーパーによっては、アルコール除菌スプレーが入り口

のところに置いてあるところもありますが、あれも

鼻っから信用するというのも、少し危険かと思います。

 

というのも、私はスーパーやホームセンターに出かけると

アルコール除菌スプレーが置いてあれば、必ずと言って

いいほど手を消毒しています。

 

しかし、中には全くアルコールが飛ばないようなものが

かなりの確率であります。

 

中には、容器がアルコールで溶けてしまい、手がヌルヌル

の状態になるものもあります。

 

まだ、緊急事態宣言をされる前に何度か催し物を見に行った

ことがありました。

 

そこにも当然のことながら、アルコール除菌スプレーのボトル

が置いてあったのですが、いくつかは本当に最悪でした。

 

ボトル自体が、アルコール対応になっていないものを使用

しており、アルコールノードもまるで水ではないかといった

ものでした。

 

それもそうですよね。

 

ドラッグストアでは、アルコールが手に入らない状態で

素人が除菌用にボトルを用意しなければならない状態で

当時は何から何までわからないことだらけでしたから。

 

今でも、分からない人はわかっていないと思います。

 

アルコール濃度だって、70~83%にするには少し難しい

計算をしなければならないので、それなら70~83%の

度数が高いお酒をそのまま使った方が安心ですよね。

 

アルコール濃度70パーセント以上のお酒

宝酒造・サントリーが消毒アルコール生産

宝酒造さんやサントリーホールディングさんが消毒用の

アルコールを生産することを決めたようです。

参考:読売新聞「宝酒造、サントリー 消毒アルコール生産へ

 

4月16日づけの読売新聞さんのニュースの記事ですが

4月の下旬から生産を開始するようです。

 

私は、今日も最低限必要な食料を調達しに近所のスーパーに

出向きましたが、相変わらずアルコール除菌製品やマスクは

ありませんでした。

 

宝酒造さんやサントリーホールディングさんが消毒用の

アルコールを4月の下旬から生産を開始したとしても

果たして本当に我々の手元にはいつ販売が開始される

のでしょうか?

 

もう少し待ってみよう、もう少し待ってみようでは

結局長いこと手に入らない時期が続き、その間に

コロナにやられてしまったらどうするんでしょうね。

 

マスクがそうだったじゃないですか。

 

マスクは、菅官房長官が2月12日の時点で

「来週以降品薄状態が緩和される」って言っていましたよね。

参考:「マスクの品薄状態「来週以降」緩和へ。菅官房長官が会見

 

それがどうですか?

未だにマスクは手に入らない状態が続いています。

 

これでは、先が思いやられます。

いずれは、マスクも消毒用のアルコールも手に入る時は

来るとは思います。

 

しかし、それまでのつなぎにアルコール度数の高い酒は

手づくりマスク同様に、必要なのかもしれませんね。

無水エタノールを偶然持っていた

私は幸いにして、4年前から無水エタノールを持っていました。(爆)

 

なぜ、私がそんなものを持っていたかというと、アイコスのブレード

を掃除するために持っていたんです。

 

赤ちゃん用の綿棒を無水エタノールにつけて、アイコスのクリーニング

スティックの代用をしていたんです。

 

無水エタノールは4年間使用していましたが、ほとんど減ってはおらず

幸いにしてアルコール濃度を精製水で調整して使用しています。

 

私的には、アイコスの節約に無水アルコールと赤ちゃん用の綿棒を

使用していたのですが、非常事態なら仕方がありません。

 

無水アルコールを取り上げられた形になりますが、取り上げた奥さんは

私が無水アルコールを持っていたことに物凄く救われたようでした。

 

今では、アイコスの純正クリーニングスティックを使い、お高めの

クリーニングをしていますが、これはこれでしょうがないことだと

思います。

 

そんなこんなで作り上げたアルコール除菌用の消毒液を、私たちは

必ずスーパーやホームセンターで除菌スプレーをした後に使用して

います。

 

それはなぜかというと、自分たち自ら作った消毒液が一番信用

できるからです。

 

アルコール濃度は、コロナウィルスと同様に目に見えないものなので

どのくらいの濃さなのかわからないじゃないですか。

 

目に見えない敵を目に見えない消毒液で防いでいるんです。

 

スーパーやホームセンターの除菌スプレーがすべて信用できない

わけではないですが、念のためにクルマに乗り込んだタイミングで

車内では、他の物に触れる前に消毒液を振りかけて除菌をしている

んです。

 

本来は、クルマに乗り込む前にスプレーをして、すべてに触れる

前のタイミングの方がいいのですが、両方の手に重い買い物ビニール

をぶら下げているので、それも中々困難です。

 

手を消毒した後は、アルコール除菌ウェットティッシュで、クルマのドアの

取っ手部分や、ハンドル、ミラーを出すボタンやロックボタン等を

除菌しています。

 

アルコール濃度70パーセント以上のお酒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました