外面が良い人でした

外面が良い人日記
スポンサーリンク

外面良い人

私は、外面が良い人でした。

小学校の時から、めちゃめちゃ明るい性格で、周りの人を笑わせることが大好きでした。

母親とは相性が悪かった

ところが、母親とはめちゃくちゃ相性が悪かったんです。

その原因は、注意をされると子供って反抗するじゃないですか!

その影響で、とても不仲になってしまいました。

家にいても、ロクすっぽ口を利きませんでした。

何か言われても、最低限の返事しかせず、その影響で家の中はあまり明るくはありませんでした。

特別、暗くはありませんでしたが。

ごく普通の家庭で、私だけがあまり口を利かなかったという感じです。

正月にたくさんの友人を呼んで宴会をした

ちょっと前の正月に、たくさんの友人を実家に呼んだ時がありました。

何かのはずみで、実家に近所の友人を呼んだような状態です。

一気に我が家は宴会状態となって、盛り上がりました。

私は、酒の席では思い切りその場を盛り上げるのが得意です。

どれだけ得意化というと、友人から「おまえほどはじけるやつをみたことがない!」と言われるほど、はじけ飛びます。

普段は、あまり人が来ないようにな家庭だったので、母親はめちゃくちゃ喜んでいました。

何で家の中で口を利かなかったのか後悔している

私は、現在、何で家の中で、もっと明るく振舞わなかったのか?

めちゃくちゃ、後悔しています。

というのも、現在はブログで仕事をやりながら、ポジティブやネガティブについて、考えることが多くなっています。

家庭内に明るい人が一人いるだけで、その家庭を明るくすることができるんですよ!

私のように、暗く接することで、その家庭内は一気に暗くなってしまいます。

私の場合、ただ最低限の会話しかしなかっただけなので、そこまでは暗くはありませんでしたが。

仮に、私がグレテイテ問題児だった場合は、家族全員がものすごく暗い家庭になっていたと思います。

根っから暗いわけではないので、その心配には及びませんが・・・。

親は子供に幸せになって欲しいから口やかましくなる

振り返ってみると、結局親は子供に幸せになってもらいたいから、あーせい、こーせいというわけです。

そのことを、子供は理解できないので、そこで反発が生まれます。

そして、大人になってくるにつれて、子供は親が言っていた意味を理解します。

今になって言えることは、親が言っていたことはすべてが正しかったということです。

あの時、何で親の言うことを、素直に聞き入れてあげられなかったのか?

考えれば考えるほど、後悔してしまいます。

母親の言うことを信用できなかった

私の母親は、よく鎌をかけることが多かったんです。

その影響で、私は母親の言うことを信用できませんでした。

それに、人に何かを無理やりさせようとしても、人は絶対にいうことは聞いてくれないものなんですよ!

そのことを、当時の母親が理解していなかったことが敗因ですね!

素直ではない、私も私ですが。

人間、ひねくれてしまったら、ロクなことにはなりません。

妬みややっかみは厳禁

何かに挑戦をして、うまくいかなかったとしたら、うまくいっている人に妬みややっかみの感情を抱く人がいます。

人は人、自分は自分と冷静に考えて、マイペースでじっくりと挑戦し続ければ、いつかは成功できたかもしれないのに。

不安になると、ストレスホルモンが分泌されるので、それを抑えるには人を思いやる気持ちが必要です。

人を思いやる気持ちが欠如してしまうと、抑えることができなくなるので、凶暴性を増してしまいます。

そうなってしまうと、人に嫌がらせをするようになり、抑えが利かなくなってしまいます。

そういう人には、いくら謝っても許してもらえません。

だから、そうならないためにも、素直さ、謙虚さ、思いやりはいつまでも持ち合わせていなければダメなんですよ!

明るい人が一人いるだけで、周りの人はみんな明るくなれるので、一人一人が明るくなることを心掛けて、世界中が明るくなることを願っています。

私もこれから益々、周囲が明るくなるように心がけていきたいと思います。

関連リンクおすすめ

考え方に一貫性がない!昨日と今日で真逆なことを考えてしまう時がある

日記
スポンサーリンク
きっかけを私に!なんか頂戴!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました