羨ましいは妬みの心理!腐ったらダメ!ワクワクの反対が不安

羨ましいは妬みの心理!腐ったらダメ!ワクワク感で幸せになろう不安感でヤル気が出ない

羨ましいという心理からは、不安を感じてしまいます。

 

幸せを感じることができません。

 

それでは、逆効果なのでわくわく感を上げることができません。

 

人を羨むのは辞めて、わくわく感で自分の将来の幸せを考えて

行きましょう。

スポンサーリンク

羨ましい(うらやましい)は妬みの心理!

羨ましい(うらやましい)というのは、実は妬みの心理

みたいですね。

 

言われてみると、確かに「恨めしや~(うらめしや~)」

みたいに聞こえますもんね。

 

「羨ましい」の意味は、以下のとおりです。

「他人の能力や状態をみて、自分もそうありたいと願うさま。また、他人をねたましく思うさま。」

参考:goo辞書「羨ましい(うらやましい) の意味 」

やっぱり、「他人のことをねたましく思うさま」なんですね。

 

序でに「うらめしや」の意味は

「幽霊が出てくるときに言うとされる言葉。「恨めしいなあ」の意。」

参考:goo辞書「恨めしや(うらめしや) の意味」

全然関係ありませんでしたね。

欲が無いと向上しない

普段からあまり、「羨ましい」と思う感覚がありません

でした。

 

でも、それでは何も向上していかないので、それではダメ

なんですよね。

 

かと言って、ガメツさむき出しで行動するのも、どうかと

思います。

 

それで、「幸せになりたい」ということが、叫ばれるのだと

思います。

 

「幸せになりたい」という言葉からは、ガメツさは感じられないし

聞いても気持ちの良さも含まれていると思います。

 

なんで、みんなが「しあわせになろう」と言う言葉で

呼びかけているかというと、早い話が「欲を出そう」

ということではないのか?と思ってきている次第です。

 

私も毎日、わくわく感で気分を上げて、やる気を出して

行動していると、そういうところが見えてくるんですよ。

 

それで、今までの身の回りの出来事を振り返るのですが

そのひとつに恨みや辛み、妬みややっかみのことが

思い出されてくるんですよ。

 

どうしてそのような感情を抱くのだろう?ということが

疑問でした。

 

自分に欲がなければ、そのような発想はわからないこと

なんですね。

 

解釈は、人それぞれだし、私が思っていることが正しいか

どうかはわかりませんよ。

 

でも、私は今こうして定義をすることで、次の行動がとりやすく

なっているんです。

 

毎日わくわくして幸せを感じながら行動していると、色々なことが

研ぎ澄まされてきます。

 

人の言葉から、「この人自分のことを他人に置き換えて話している

んだろうなー」とか、「心ではこんなこと思っていないんだろうなー」

とか、つじつまが合っていないことが言葉から垣間見えてくるんです。

 

言葉って、凄いですよね。

 

伝わりにくいという反面もありますが、つじつまが合っていない

言葉からは、真実かどうかも判断できるのですから。

 

わからないですよ!

 

ただの私の思い込みかもしれませんから。

 

でも、つじつまが合っていないというのは、物凄くよく

わかります。

 

辻褄が合わない言葉というのは、誰でも理解することが

できるので、この人は本当にその言葉を心の底から伝えて

いるのかどうかが容易に判断できるのだと思います。

 

だから、人の心に何かを呼び掛けるのなら、素直に「しあわせに

なりたい」と思いこむことが大切なことだと思います。

 

自分が幸せになっていないうちから幸せなフリをしても

そこには妬みが発生するだけだと思います。

 

まずは、自分が本当にしあわせになることです。

 

自分が幸せになれば、他人も幸せにしたいという思いが

素直に芽生えてくるので、焦らずマイペースで毎日

わくわくしてやる気を出して行動し続ける事です。

 

じゃないと、妬みばかりが膨れ上がってしまい、

うまくいくものもいかなくなってしまいます。

 

焦りがつきものですが、周りは一切気にせずにひたすら

マイペースで、ゆっくりを意識していけばいいのではない

でしょうか?

 

毎日わくわくしていると、自然と行動力も加速していくので

自分ではゆっくりを意識していても、行動力は勝手に増大

してくれます。

信念がないとブレてしまう

信念がないと、ブレブレになってしまいます。

 

ブレブレになってしまうと、つじつまが合わなく

なってしまいます。

 

毎日継続するようなものなら、尚更で、ブレているか

どうかが一目でわかってしまうので、そうところが

継続することの意味だと思います。

 

継続するのは、普段からの自分の様子を周りの方に

見てもらい、どういう人間かをアピールすることが

目的のひとつでもあるのではないでしょうか?

 

そこでブレブレな態度を見せてしまうと、この人の

真意はなんなのか?って、裏の側面を探られて

しまうことになってしまいます。

 

或いは、相手にされなくなってしまうかも!?

 

そうは言っても、好みは人それぞれなので、そういう人が

好きと言う方もいらっしゃるとも思います。

 

でも、どうせなるのなら、本当に周りの人にも幸せに

なってもらいたいと思いながら行動していけたら

最高ですよね。

 

わざわざ、人から疑われるような態度を取らなくても

いいじゃないですか。

 

落ち着いて、ゆっくりと焦らずに、良い方に良い方に考えて

いけば、世の中すべてが味方となって、自分を成功へと

導いてくれるのではないかと思います。

 

そんなの甘いんじゃないの?って思うかも知れませんが、

私は今のところその路線で、続けて行こうと思います。

 

ゆっくりと焦らないで行動する練習です。^^

 

やっぱり、ゆっくりと焦らずにというと、亀なんですね!

 

ワクワク感で幸せになろう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました