できないという思い込み!できないをできるに変えるには?

できないという思い込みアクション
スポンサーリンク

できないという思い込み

できないという思い込み!

大量の作業を前にすると、できないと思い込んでしまいます。

「できない」というのは、感情です。

脳の仕組み

脳は、たくさんの部位から構成されています。

そのうちの感情に影響がある部位について、解説します。

偏桃体(へんとうたい)

偏桃体とは、感情が発生する場所です。

ここで発生するのは、電気信号です。

前頭前皮質(ぜんとうぜんひしつ)

前頭前皮質は、受け取った電気信号を過去の経験から判断します。

過去の経験則に無ければ、脳は「できない」と判断します。

「できない」という感情を返します。

感情の仕組み

感情は、色々と解釈があって複雑です。

私が理解している方法で解説します。

 

感情の構成

  • 不安を抱く感情
  • わくわくする感情
  • 驚きの感情

 

不安を抱く感情

不安を抱く感情と言っているのは、不安・怒り・嫌悪・恥・悲しみの感情を指します。

不安を抱く感情は、生存に関わる感情です。

生存に関わる感情なので、最重要な感情です。

不安を抱くと、コルチゾールを分泌するので、やる気は出ません。

不安で行動できないメカニズム

わくわくする感情

わくわくする感情と言っているのは、喜び・興奮・愛情・信頼の感情を指します。

わくわくするとドーパミンが分泌するので、やる気が出ます。

驚きの感情

驚きの感情と言っているのは、意外性の感情を指します。

味方だと思っていた人が敵だったり、敵だと思っていた人が味方だったりした時の感情です。

わくわくから不安になったり、不安からわくわくになったりします。

驚きの感情を抱くと、ノルアドレナリンが分泌します。

できないをできるに変えるには?

前頭前皮質で、過去の経験則から脳は「できない」と判断をするのなら、「できる」という実績を作る以外に方法は無いと思います。

では、どうすればいいかというと、「できるというポジティブな思い込み」や「奇跡の存在」を知れば、できるのが当たり前だと思えるようになります。

その他にも、自分で何か思い込むことができる材料を増やすことができれば、段々と「できる」と思い込むことができます。

毎日行動を継続していれば、例えアウトプットできなくても、行動力は身についています。

そのことを利用して、「できる」という実績を作るんです。

そうすれば、脳はやがて「できない」から「できる」と判断してくれることでしょう。

もう少し、私がコンスタントにアウトプットできるようになれば、そのことを証明することができるんですが!?^^

気長に待っていてくださいネ!^^

関連記事おすすめ

行動の目的!わからないことを解決し正しいやり方を追求する

コメント

タイトルとURLをコピーしました