感謝して相手のことを好きになる!存在が怖くなくなる!

感謝で好き かんしゃ
スポンサーリンク

感謝しても相手のことが好きになれない理由

感謝しても相手のことが好きになれない理由は、心の底から感謝をしていないからです。

その理由は、相手のことが好きではないからです。

しかし、感謝というのは相手のことが好きか嫌いかに関わらず、ネガティブな意識を持たないために行うことです。

ネガティブな意識を持たなければ、不安になることもありません。

感謝して相手のことを好きになる理由

感謝して相手のことを好きになるというのは、相手の存在が怖くなくなるからです。

その理由は、不安を抱かずに済むからです。

私たちが、真っ先に考えなければいけないことは、不安にならないことです。

感謝で相手のことを好きになって、不安にならずに済むならば、大いに感謝するべきです。

不安を抱くことは自分にとってはマイナス

不安を抱くということは、自分にとってはマイナスです。

その理由は、不安からはネガティブな発想しか生まれないからです。

不安とは、できる限り無縁になった方が、悪影響を受けずに済みます。

感謝をすれば、相手のことを好きになって、わくわくすることができます。

好きな相手には、何を言われても怖い存在ではなくなります。

相手を馬鹿にする人よりも感謝できる人の方が凄い

相手を馬鹿にする人よりも、感謝ができる人の方が、遥かに凄いです。

その理由は、相手を馬鹿にする人には、感謝をすることなどできるわけが無いからです。

口では、「感謝します」と言っていても、馬鹿にしている相手に感謝ができると思いますか?

感謝の意味を知らなければ、感謝はただのお礼の言葉に過ぎません。

感謝できない人は相手のことが怖い存在

感謝できない人は、相手のことがわからないので、不安を抱きます。

相手に不安を抱くと、相手のことは怖い存在になります。

その結果、相手を脅しにかかります。

感謝できる人は相手のことが必要な存在

一方、感謝できる人は、相手のことが好きになれるので、わくわくできます。

不安な人と、わくわくしてる人とでは、戦う前から勝負は見えています。

わくわくする人は、相手と戦うことなど考えません。

むしろ、相手と仲良くすることを考えます。

相手を馬鹿にする人は、完全にわくわくしてる人に、飲み込まれてしまうことでしょう!^^

感謝をするのは最強になるため

感謝をするのは、最強になるためです。

その理由は、世の中最後まで生き残れる人は、行動できる人だからです。

大半の人は、いくら火事場が訪れても、バカ力など出せるはずがありません。

不安でパニックになるのがオチです。

そうならないためにも、感謝してわくわくすることが賢明です。

わくわくすれば、行動する意欲がみなぎってくるからです。

感謝こそできる人間を目指すべき

感謝こそ、できる人間を目指すべきです。

その理由は、感謝は何かにつけてダサいイメージを抱きがちだからです。

感謝をするというと、変に偽善を意識したり、お寺のお坊さんの説教をイメージすると思います。

親の言うことを聞く、よいこがやることだと思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに、感謝は比較的よいこの方が、やってる人も多いのかもしれませんね!?

ツッパリみたいな人が、好んで感謝をするイメージは、ありませんからね!^^

でも、世の中を動かしている人をみればあきらかに、行動してきた人なんです。

頭のいい人は、一生懸命勉強をしてきたから頭が良いんです。

喧嘩が強い人は、負けるのが嫌だから一生懸命喧嘩が強くなりたいと、行動してきた人なんです。

感謝は、これらの行動する意欲を最大限に発揮できるように、仕向けてくれる感情なんですよ!

感謝をすれば、余計な不安材料をすべて払拭できて、みんなで協力しあって、物凄く暮らしやすい世の中を形成できると思います。

そこには、活きるために強盗するようなことも、不必要だと信じています。

感謝して相手のことを好きになる方法

感謝して相手のことを好きになる方法は、心の底から感謝して相手が自分にとって欠かせない存在だと思うことです。

その理由は、自分にとって欠かせない存在になれば、好感を持てるようになるからです。

心の底から感謝できれば、例え嫌いな相手であろうと、味方意識を持つことができます。

世の中のあらゆるものに感謝することができるので、あらゆるものにを味方意識を持つことができるようになります。

感謝の意味をよく理解して、心の底から感謝できれば、最強です!^^

関連リンクおすすめ

全ての出会いに感謝できればみんな仲間!意識するだけでいい

コメント

タイトルとURLをコピーしました