やる気とは?自分の存在意義は何?脳みその妨害に騙されるな!

やる気とは?自分の存在意義は何?脳みその妨害に騙されるな!やる気
スポンサーリンク

ヤル気とは?

毎日瞑想やわくわく感でヤル気を高めています。

 

それで、物凄く毎日ヤル気がみなぎっています。

 

ヤル気とは何か?って、考えたことありますか?

 

「進んで物事をなしとげようとする気持ち。」

参考:goo辞書「やる‐き【▽遣る気】 の解説」

「進んで物事をなしとげようとする気持ち。」なんですよ。

 

やっぱり、これには強い気持ちの強弱によって、ライバル

と差をつける必要があると思いませんか?

 

やる気が人1倍強ければ、それだけ物事に向かって行くことが

できるものだと思います。

 

私の場合、未だわくわく感や瞑想を知らなかった時は、何度か

挫折をしたことがあります。

 

別に自分で挫折をしたとは思ったことがなかったのですが、

よくよく考えてみると、そのままやり切ることができなかった

ということは、ある意味挫折ですよね。

 

でも、私はそこまで何かをやり遂げようとしたことがなかった

ので、全然挫折をしたとは思ってはいないんです。

 

例えば、高校受験を考えた時、第一志望には合格できなくても

第二志望に合格できたので、全然なんとも思いませんでした。

 

第一志望は、ちょっと厳しいかな?というレベルで、第二志望は

目標にするには丁度いいようなレベルでした。

 

だから、自分的にはそれで十分に満足だったわけなんです。

 

意識の問題ですよね。

 

それで、今回はここまで本気でやる気を出して、初めてやる気の

重要さというか、やる気のパワーを実感しているところです。

 

やる気って、やっぱりそこには強弱があって、人よりもやる気が

あれば、それだけ何かを身に付けようとする力が働きます。

 

一時的に熱しても、そんなものは意味が無くて、一度心に決めた

ことなら、何が何でもやり切る意識を持たなければならないもの

なんですよね。

 

常にやる気は、意識をする必要があるものなんです。

 

それには、周りのありとあらゆるものを味方につけて、やり切る

必要があるんですよ。

 

それが、人よりもやる気をみなぎらせる方法です。

 

何が何でもやり切らなければ、自分の価値は上がらないものだと

思います。

 

それで、やるからには人の役に立つことに向かって行かなければ

意味がない。

 

世の中の人たちから、必要とされる人材にならなければダメなんですよ。

 

そんなことは、私以外の人たちには常識なのかもしれません。

 

でも、私は自分さえではないですが、心底そこまで考えたことは

ありませんでした。

 

自分の周りの人たちが幸せになってくれればいいというレベルで

考えていましたが、それだって達成しているわけではありません。

 

勿論、最初はまず自分が幸せにならなければ、他人を幸せにする

ことなど、できるわけがありません。

 

自分の次は、家族、友達、他人とその目的が広められれば、さらに

やる気だってアップすることができるはずなんです。

 

自分がやらなければいけない意味は、他力本願では何も成長しない

からです。

 

完全に偽善者意識が吹っ飛びました。

 

これからは、自分との戦いです。

 

どれだけやる気を高めることができるかで、成功するかしないかが

決まっているんです。

 

自分の今までの常識なんて、本当に当てにはなりません。

 

物凄いスピリチュアルなパワーだって、本当に存在しているのかも

しれないんです。

 

例え、そのようなものが存在していなくても、存在していると

真剣に思いこめばいいじゃないですか。

 

それが、自分のパワーになるのなら、なんだって信じて行けば

いいんです。

 

ともかく、やる気を出す。

 

人一倍やる気を上げる。

 

一時的にやる気を上げるのではなく、できるだけ常に意識を

すれば、それだけライバルを突き放すことができるんですよ。

 

世の中、何でも自分の都合のいいように考えて、世のため

人のために活躍ができる人間に、みんなでなっていきましょう。

 

自分自身のリミッターを外して、自分自身の存在価値を

上げて行きましょうよ。

 

今まで何度も親や学校の先生から「やる気を出して」と言われた

時に、真剣にやる気を出そうと考えたことはありましたか?

 

私は、全然ありませんでした。

 

そんなもの、一切聞く耳を持ち合わせていませんでした。

 

でも、折角この世に生を受けたんだから、自分ができることは

何か爪痕を残して、人の役に立つ存在になって良きましょうよ!

 

「自分には無理」ということだって、そんなことは自分の脳みそ

が勝手に考えていることです。

 

脳みそは、疲れることを嫌うので、なるべくそのようなめんどくさい

ことはしたくないんですよ。

 

そのようなことが現実と錯覚をさせられるので、本当は何でも

できるはずなんです。

 

悪の根源は、脳みそだと思います。

 

正確には、今の私の脳みそですか。

 

自分には、何でもできると思えれば、なんだかとってもわくわく

してくるんです。

 

物事は、どれだけ人よりも細かいことを知っているかで差がついて

くるのだと思います。

 

細かいことを知り尽くすには、やる気がないとできることでは

ありません。

 

やる気を出して、細かい情報を知る事さえできれば、誰だって

成功するはずです。

 

それには、妨害する自分の脳みそのいうことなんか信じずに

ひたすら脳みそをいじめまくりましょうよ。

 

そうすれば、いつか必ず成功するはずですから。

 

自分が成功すれば、周りの人も幸せにすることができるように

なるんですよ。

 

その規模を大きくすることができれば、どんどんと周りの人の

大きさも拡大することができるようになるんです。

 

自分さえ成功することができれば、徐々に視野も広くなって

くると思います。

 

違う景色、違う常識が見え始めてくると思います。

 

日本人は、そういうことができる人種なので、みんながみんな

その才能は持ち合わせているのだと思います。

 

ただ、変に横道に反れて行ってしまうと、ひねくれてしまうので

それだけは気をつけていきたいところです。

 

みんなでおもしろおかしく、楽しみながら、時を過ごしていきたい

じゃないですか。

 

きれいごとでもなんでもなくて、素直にそのようなことを

考えてもいいはずです。

 

私は、大分真剣にやる気というものに向き合い始められたかな?

って、思っているのですが、未だ未だかもしれません。

 

ともかく、今までの私のやる気なんて、屁みたいなものでした。

 

やる気の意味がわからなかったというか、目的がありませんでしたから。

 

何気に人よりも贅沢ができればいいかな?レベルにしか考えて

いませんでしたから。

 

親や先生から何度「やる気を出して!」と言われても、一度も

真剣に考えられませんでしたから。

 

私以外にも、そういう人はたくさんいるのではないかと

思います。

 

「やる気を出して!」と言われて、「よしわかった」と

やる気が出せる人など、居ませんよね。

 

話が聞ける人だって、少ないはずです。

 

なぜなら、そこまで成功している人は少ないからです。

 

人の話を理解できるようになるのだって、簡単なこと

ではありませんからね。

 

「やる気」って、自分の権利的なことだと思うかも

しれませんが、私は義務だと思い始めました。

 

義務というか、使命ですね。

 

私は、何かをやるためにこの世に生を受けているのですから。

 

他力本願で、人生を全うするために生まれて来たわけでは

ありませんよね。

 

もう少し、自分が生まれて来た意味を再確認した方が

良さそうです。

 

そして、それらを自分のエネルギーにして、さらにやる気を

上げる材料として使えばいいと思います。

 

私は、自分の存在意義を考えて、現在わくわくしています。

 

明日は、カニバリ対策に着手できそうな気がします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました