やりたくないことをやりたいことに変える !

やりたくないことをやりたいこと アクション
スポンサーリンク

やりたくないことをやりたいことに変える理由

やりたくないことをやりたいことに変える理由は、やらなければならないことだからです。

その理由は、やりたくないことにやる気は出ないからです。

やらなければならないことならば、やりたいことに変えてあげれば、ストレスを感じずにやる気を出すことができます。

やる気を出すことができれば、行動することができるようになります。

禁煙の場合

例えば、禁煙の場合ですが、タバコは吸う間隔を開けた方が、一本一本の味をおいしく感じることができるようになります。

1時間に一本吸うより、2時間に一本、3時間に一本と、間を開ければ開けるほど、おいしくなります。

一本一本の味がおいしく感じることができるなら、できるだけ間を開けた方が、お得感満載ですよね!

こうして、間を開けることで、いつの間にか完全に吸わなくても大丈夫になります。

但し、ストレスが溜まっている状態になると、本数が増えるので注意が必要です。

やりたくないことをやりたいことに変えられない理由

やりたくないことをやりたいことに変えられない理由は、やりたくなる理由を見つけられないからです。

その理由は、本当にやろうと思っていないからです。

本当にやろうと思っていることならば、やりたくなる理由を見つけられるはずです。

やりたくなる理由を、見つけることができないということは、本当にやろうとは思っていないからです。

子守り

例えば、子守りですが、本当にやろうと思っていなければ、やりたい理由を見つけることができません。

では、どうすれば、子守りをやりたいことに変えられるかですが、

「自分が子守りをすると、奥さんの負担を軽減できる」

「いつも頑張っている、奥さんを休ませてあげよう」と、

心の底から思うことができれば、やりたい理由になるでしょう。

やりたくないことをやりたいことに変える方法

やりたくないことをやりたいことに変えるには、やりたくなる理由を見つけます。

その理由は、やりたくないことには必ず、やりたくなる理由があるからです。

どれだけ、やらなければならないことなのか?

その意識の違いで、やりたくなる理由も、たくさん見つけることができるでしょう。

それほど、思っていなければ、やりたくなる理由を見つける意識も高まらないでしょうから。

関連リンクおすすめ

間違っているかもしれない!?が行動を妨げる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました