やる気は行動したくなるように仕向けること!やりたいからやる!

やる気を出すモチベーション

やる気は行動したくなるように仕向けること!

このページでは、やりたくてしょうがないと思うように、仕向けることが目的です。

感情を利用して、毎日わくわくしながら作業にあたります。

 

スポンサーリンク

やる気は行動したくなるように仕向けること!

やる気が出なければ、行動することはできません。

無理矢理行動しても、決して良いものはできません。

このページでは、毎日やる気を最大限に引き上げて、行動したくなるように仕向ける方法を解説します。

やる気とは

やる気とは、進んで物事をなしとげようとする気持ちです。

「進んで物事をなしとげようとする気持ち。」

参考:goo辞書:「遣る気(やるき) の意味 」

毎日コンスタントに出せるとはかぎりません。

ここでは、どのようにすればやりたくなるのかを検証したいと思います。

以下にその方法を解説します。

  1. 気分
  2. 気分は感情によって左右する
  3. 共感
  4. 感情は伝染する

気分

やる気は、気分です。

その時々の気分によって、出たり出なかったりするものです。

その時の気分が良ければ、何かやりたい気分になります。

その時の気分が悪ければ、何もやりたくない気分にもなります。

気分は感情によって左右する

気分は、感情によって左右します。

感情とは

感情は、ものごとや対象に対して抱く気持ちのことを言います。

「(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとや対象に対して抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある」

参考:ウィキペディア「感情」

感情とは

  • 感情は五感で感じたイメージ
  • ポジティブな感情
  • ネガティブな感情
  • 感情コントロール
  • 共感
  • 感情は伝染する

感情は五感で感じたイメージ

感情は、五感で感じ取ったイメージにより、抱く気持ちです。

見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、触ったりして、その時のイメージを感じます。

感情には、ポジティブとネガティブがあります。

ポジティブな感情

ポジティブな感情は、積極的でやる気がみなぎってくる感情です。

いい話だと思ったり、良い音楽を聴いたり、おもしろいことに心から笑えたりすると、とても元気になれたりします。

わくわくする感情がポジティブな感情です。

ネガティブな感情

ネガティブな感情は、否定的でやる気が起きない感情です。

心配事があったり、怖い気持ちになったり、哀しい気持ちになると、不安で何も手につきません。

不安になる感情がネガティブな感情です。

感情コントロール

しかし、こんなネガティブな感情を抱いた時も、感情をコントロールすることで、前向きな考えに切り替えることができるんです。

つまり、ポジティブな考えに変更することが可能です。

共感

共感とは、自分と他者が喜怒哀楽の感情を共有することです。

された側は、わかってもらえってうれしいし、した側も共感できてうれしいという、うれしさがあります。

共感には、ネガティブとポジティブの区別はなく、どちらにも共感します。

共感すること自体は、ポジティブな感情です。

感情は伝染する

感情は、伝染します。

ポジティブな感情を意識することで、周りの人も幸せになることが、できます。

ポジティブな感情がイメージし辛い時は、明るい性格をイメージしてください。

明るい性格の人は、ポジティブだから、明るい性格なんですよ。

感情は伝染する!ポジティブな表現を意識すればみんなが幸せになる

やる気が伝染する理由が知りたい!仕事に向き合う姿を態度で示すから

やる気を出す方法

ポジティブな感情を抱くと、やる気が出ます。

毎日行うことで、意識は高まります。

同じことばかりやっていると、段々飽きてきます。

できるだけたくさん用意して、いろいろな方法で試した方がいいです。

自分なりにどういうことをすればやる気になるのかを見つけながら、新たに取り入れていく方が飽きが来なくておすすめです。

以下に私が体験した方法を解説します。

やる気を出す方法

不安を解消する方法

ネガティブな感情を抱くと、不安で何も手につかなくなります。

しかし、そんな状態から脱出できる方法があります。

不安解消

やりたいからやる

やる気が出れば、行動したくなります。

この感情を利用して、毎日行動できるように仕向けます。

行動

毎日のルーチンワーク

毎日、ポジティブな感情を抱くことにより、そのやる気は益々強くなってきます。

以下に毎日のルーティンワークをご紹介します。

やる気を出すルーティン!毎日朝一から行動できるようになる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました