やる気は行動したくなるように仕向けること!やりたいからやる!

やる気は行動モチベーション

やる気は行動したくなるように仕向けること!

このページは、やりたくてしょうがないと思うように、仕向けることが目的です。

感情を利用して、毎日わくわくしながら作業にあたります。

 

スポンサーリンク

やる気は行動したくなるように仕向けること!

やる気が出なければ、行動することはできません。

無理矢理行動しても、決して良いものはできません。

このページでは、毎日やる気を最大限に引き上げて、行動したくなるように仕向ける方法を解説します。

やる気とは

やる気とは、進んで物事をなしとげようとする気持ちです。

「進んで物事をなしとげようとする気持ち。」

参考:goo辞書:「遣る気(やるき) の意味 」

毎日コンスタントに出せるとはかぎりません。

ここでは、どのようにすればやりたくなるのかを検証したいと思います。

以下にその方法を解説します。

  1. 気分
  2. 気分は感情によって左右する
  3. 共感
  4. 感情は伝染する

気分

やる気は、気分です。

その時々の気分によって、出たり出なかったりするものです。

その時の気分が良ければ、何かやりたい気分になります。

その時の気分が悪ければ、何もやりたくない気分にもなります。

気分は感情によって左右する

その時の気分は、感情によって左右されます。

感情は、ものごとや対象に対して抱く気持ちのことを言います。

「(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとや対象に対して抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある」

参考:ウィキペディア「感情」

感情とは

  • 感情は五感で感じたイメージ
  • ポジティブな感情
  • ネガティブな感情
  • ポジティブとネガティブの例外について
  • ネガティブかポジティブかは人それぞれ
感情は五感で感じたイメージ

感情は、五感で感じ取ったイメージにより、抱く気持ちです。

見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、触ったりして、その時のイメージを感じます。

感情には、ポジティブとネガティブがあります。

ポジティブな感情

ポジティブな感情は、積極的でやる気がみなぎってくる感情です。

いい話だと思ったり、良い音楽を聴いたり、おもしろいことに心から笑えたりすると、とても元気になれたりします。

ネガティブな感情

ネガティブな感情は、否定的でやる気が起きない感情です。

心配事があったり、怖い気持ちになったり、哀しい気持ちになると、不安で何も手につきません。

感情コントロール

しかし、こんなネガティブな感情を抱いた時も、感情をコントロールすることで、前向きな考えに切り替えることができるんです。

つまり、ポジティブな考えに変更することが可能です。

ポジティブとネガティブの例外について

ポジティブな感情と、ネガティブな感情について、2つだけ例外があります。

以下に具体的に解説します。

  • 危機感を抱く
  • 安心感を抱く
危機感を抱く

それは、「危機感を抱く」ということです。

危機感というのは、ネガティブな感情です。

大前提に、危機感があるから、それに対してその危機感を拭うために感情をポジティブに持って行ってやる気を出すことが主旨なんですよ。

なので、大元に危機感を抱くというネガティブ要素が無ければ、やる気なんか出せないんです。

ここでいう危機感というのは、「これができなければ生きて行くことができない」的なものです。

危機感を抱くとやる気が出る!取り返しがつかなくなる前にパワーを!

安心感を抱く

もうひとつは、「安心感を抱く」ということです。

安心感というのは、ポジティブな感情です。

目的を達成してしまうと、安心をしてしまいます。

危機感から脱出することができたと安心をしてしまったら、やる気は一気に冷めてしまいます。

そのために、新たに目標を設けて、やる気を出さなければ、ダメなんです。

生活は、永遠に続きます。

足元を止めるわけにはいきません。

だから、再びやる気を出す必要があるんです。

ポジティブかネガティブかは人それぞれ

感情によってやる気が起きるか起きないかは、人それぞれです。

ポジティブかネガティブかは、一概には振り分けることができません。

例えば、ライバルに先を越されると、ショックを受けてネガティブな感情を抱く人もいます。

しかし、「今に見ていろ、俺だって!」と、逆にポジティブに捉える人もいます。

学習塾なんかでは、お互いにライバル意識を煽って、個人のやる気を奮い立たせているイメージがあります。

共感

共感とは、自分と他者が喜怒哀楽の感情を共有することです。

された側は、わかってもらえってうれしいし、した側も共感できてうれしいという、うれしさがあります。

共感には、ネガティブとポジティブの区別はなく、どちらにも共感します。

共感すること自体は、ポジティブな感情です。

感情は伝染する

感情は、伝染します。

ポジティブな感情を意識することで、周りの人も幸せになることが、できます。

ポジティブな感情がイメージし辛い時は、明るい性格をイメージしてください。

明るい性格の人は、ポジティブだから、明るい性格なんですよ。

感情は伝染する!ポジティブな表現を意識すればみんなが幸せになる

やる気が伝染する理由が知りたい!仕事に向き合う姿を態度で示すから

やる気を出す方法

ポジティブな感情を抱くと、やる気が出ます。

毎日行うことで、意識は高まります。

同じことばかりやっていると、段々飽きてきます。

できるだけたくさん用意して、いろいろな方法で試した方がいいです。

自分なりにどういうことをすればやる気になるのかを見つけながら、新たに取り入れていく方が飽きが来なくておすすめです。

以下に私が体験した方法を解説します。

やる気を出す方法

毎日のルーチンワーク

毎日、ポジティブな感情を抱くことにより、そのやる気は益々強くなってきます。

以下に毎日のルーティンワークをご紹介します。

やる気を出すルーティン!毎日朝一から行動できるようになる方法

やる気意識

やる気意識は、毎日継続することでドンドン高まります。

やる気意識が高まれば、新たにやりたいことが見つかります。

やりたいことが見つかる

新たにやりたいことが見つからなければ、行動できなくなります。

ブログのリライト

ブログのリライトだって、このブログを「もっと人の役に立つものにしていこう」という意識がなければできません。

新たなやる気が出る方法

新たに何かやる気が出る方法を見つけようと思っても、やりたい意識が足らなければ、見つけることはできないでしょう。

好奇心が旺盛になる

もっと、好奇心が旺盛になって、いろいろなことに目を向けたいという発想は、意識が高まらなければ湧いてきません。

 

行動できなくなる理由は、新たな発想が湧いてこないからです。

やる気意識が高まらないからなんですよ。

やる気を出す方法はやる事によって影響しない

やる気を出す方法は、何事においても、共通です。

やる事によっては、影響しません。

何をやるにしても、その方法は変わりません。

当サイトで紹介しているやる気を出す方法

当サイトで紹介しているのは、朝一からやりたくなる方法です。

朝一でやりたくなることさえできれば、朝一から行動することができます。

行動することができれば、その後は益々やりたくなってきます。

その朝一から行動するためだけに、やりたくなる方法を考えました。

行動する内容は自分がやりたいこと

ここで行動と言っているのは、自分がやりたいことです。

人によっては、それが仕事だったり、勉強だったり、ブログの更新だったり、禁煙だったりと、様々です。

ここで言いたかったことは、人が何をやるにしても、やりたくなる方法は変わらないということです。

行動する方法!できない理由を克服し正しいやり方を追求する!

コメント

タイトルとURLをコピーしました