難しいとやる気が出ない!率先してやりたくなる方法が知りたい!

難しいとやる気が出ないモチベーション

難しいとやる気が出ない!

難しいことが率先してやりたくなる方法が確立出来たら、最高ですよね!

大したことではないようなことが、やってみたら以外に効果があったから驚きです。

 

スポンサーリンク

やることが難しいとやる気が出ない

やることが難しいと、やる気が出ません。

その理由は、やる内容が理解できないからです。

やる内容が理解できないと、めんどくさいと放棄をしてしまいます。

折角、やる気になって難しいことを理解しようとしたのに、

そこで放棄をしてしまっては、もったいない以外のなにものでもありません。

以下に難しいことを理解する方法を解説します。

難しいとは

このページで言っている難しいとは、「理解や習得がしにくい。複雑でわかりにくい。難解である。」という意味です。

  1. 理解や習得がしにくい。複雑でわかりにくい。難解である。
  2. 解決するのが困難である。
  3. 実現するのが不可能に近い。
  4. 状況などが込み入っていて、対処するのがやっかいである。
  5. 人の扱いがめんどうである。
  6. 好みなどがうるさい。
  7. 不機嫌である。
  8. 不愉快である。うっとうしい。
  9. むさくるしい。きたない。
  10. 気味が悪い。

参考:goo辞書「難しい(むずかしい) の意味 」

難しいとやる気が出ない理由

難しいことは、簡単にはわかりません。

わからないと、めんどくさいと思ってしまいます。

めんどくさいとは、放棄をすることなので、それ以上は何も考えたくありません。

だから、やる気は出なくなります。

難しいことを理解する方法

難しいことを理解するには、ただ読むだけでは理解することはできないことが多いです。

一行一行に時間をかけて、理解できるまで一行に時間をかけます。

言葉がわからなければ、一語一語を丁寧に調べて理解します。

時間をかけることが、できるようになることも重要です。

その後にそれらを連結をして、全体を理解します。

初めてのことを理解するには、ものすごい時間がかかりますよね。

難しいことがやりたくなる方法

難しいことが理解できると、その一つ一つで他のライバルよりも差別化が図れるようになります。

一つ一つは小さいけれど、塵も積もれば山となります。

気が付いた頃には、ライバルに圧倒的な大差をつけて有利になっていることでしょう。

このことをモチベーションにしたところ、意外に前向きになれました。

難しいことに向き合うことができるようになりました。

難しいことが理解できるようになると

難しいことが、理解できるようになると、理解することが癖になってきます。

そうなったらこっちのもので、理解することが快感になったりします。

何事もそうですが、全くわからないうちは、やる気は無くなりがちですが、

少しずつ理解することで、徐々に書いてある内容が理解でき始めます。

それで、すべての意味が理解できると、鼻高々になり、

思わず、「どんなもんじゃい!」と、叫んでしまいます。

そのことを理解した時点で、もう自分は何でも知っている状態の意識です。

自信があるということは良いことですが、その自信は自分だけのものにしておきましょう。

自分が知った知識は、氷山の一角なので。

しかし、その1つのことが理解できれば、それに関連する項目は難易度が軽いものばかりです。

こうして他への知識もどんどん容易に伸ばすことができるようになります。

難易度が難しいのは、最初のうちだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました